Apple Magic Keyboardを木のシェルフの板の下に収納

良いひっかけを見つけました!

MacBook Pro M1を通常はDELLの27インチディスプレイをメインとして表示しています。このディスプレイは、VESAでマウントしているので、ディスプレイ下の空間が空いています。普通はそこにキーボードを置くのですが、Bluetoothスピーカーやら3TB HDDやらメガネケースやらで置きにくくなっています。その手前にMagic Keyboardを置いておくと、社労士の勉強をするときに、本やノートを置くスペースが限られて邪魔なので、Magic Keyboardをどこかにうまいこと片せないものかと思っていました。

最初は、Keyboard立てとか調べてたんですが、良いものはありません。

よく考えると、デスクの右側は、シェルフになっていて本やらノートやら備品やらがいっぱいあります。シェルフは横1mぐらいあって、間は仕切られていません。また、ちょうどホームセンターで買ってきた板を追加で間に入れているので、その下と本群の間にMagic Keyboardを入れる空間があります。なんとか、うまいこと木の板の下にMagic Keyboardを引っ掛けられないか、レールを探したり、金具を探したりしてました。で、ホームセンターで色々みていたらヒットしました。

「よーおれ」というやつで、樹脂皮膜のネジ付きの折れ曲がった金具が4つ入っていました。ネジの下から曲がる部分までは2cmあり、十分Magic Keyboardは入ります(薄いから。普通のキーボードだと無理)。これを、2つ購入して、6本使用して、板の下からちょうどキーボードを支えられるようにねじ込みました。安定して保持できます。樹脂なのでキーボードに傷がつきません。

久しぶりに満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です