Apple iPad Pro用Magic Keyboardを買わない理由

買わないというよりは買えない?

Magic Keyboardの登場に衝撃を受けてから2ヶ月以上。最初は、衝動買いしそうになりましたが、今は冷静に買い控えています。例え、国から10万円給付されたとしても。

理由その1:MacBook Air 2018があるから。タッチパネルやペンは、MBAでは使えませんが、サイドカーの機能を使えば、iPad Proに画面を出せて、ペンも使えるので、その点では問題はほぼありません。

理由その2:iPad Proでは、プログラミングが難しい。できなくは無いですが、XCodeが使えないのがネックです。ただ、AWSやGCPでプログラミングするのであれば、iPad Proからそれぞれのクラウドのコンソールを使えば、ある程度のことはできるし、AWSだとほぼサーバレスWebプログラミング問題ないので、実は、関係ないという気もします。でもSwiftは欲しい。

理由その3:今、iPad Proはほぼ80%の時間を手書きノートの代わりに使用しているので、キーボードは不要なのです。Apple Pencilが使えれば良い。後、基本的にノートとして使うときはiPad Proを縦に置いているので、横置きのMagic Keyboardとは相性よく無いです。

理由その4:iPad Proをアームにつけるときに邪魔。寝る前に、iPad Proをアームに付けて、ベッドに仰向けの状態で、本読んだり、動画みたりしますが、そのときは、Magic Keyboardから外しておく必要があります。

今後Magic Keyboardを買うとしたら

物書き用のマシンが、iMac,Macbook Airだけでは足りなくなったときです。もう一台機動性の高い物書きマシンが欲しくなったときには、iPad Pro+Magic Keyboardが欲しくなるでしょう。ただ、ちょっと高いですね。あっと1万円ぐらい安かったら嬉しいんですけど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です