Surreyに到着

機内は結構満員。足広の席にしたので、あまり疲れなかった。ビデオオンデマンドが目の前の壁についているので、手をのばさなければならないので、結局いちども使わず。
税関申告書が渡されるので、iPadに入れてあったカナダ旅行本を参考に記入。
iPadで音楽を聞きながら、英文法の本を読んでいると、食事開始。
ビーフにした。結構美味しい。日本人だとわかっていたらしいので、日本語で聞かれる。食事が済むとすぐに眠気が。
いつのまにか朝になっていて、朝食の開始。おかゆかオムレツかといわれたので、オムレツにする。これも十分美味しい。

バンクーバー国際空港にAM11時ごろの到着。

最初に到着ゲートがあって、そこでパスポート等を見せて、目的を説明する。税関申告書に何か書かれただけで、パスポートはそのまま。
これを入国審査と勘違いしたのが間違い。
入国審査は分かりにくいところにあって、後で困ることに。
先に荷物受け取りをしているとスーツケースはStarAllianceGoldなのですぐに出てきたが、自転車が出てこない。ずっと待ってて出てこないので、もしかして、と思って別のところを探すとオーバーサイズの荷物のエリアにすでにあった。ここで一番時間のロス。

次にExitから出ようとすると、税関申告書を見て、係員に止められた。Immigrationに行くように言われて、戻ることに。Immigrationの入り口で係のおじさんがここに荷物を置いて、中に入ってと言われたので、入る。申告は、必要書類を見せて特に問題なし。VISAも入手。学校終了から、3ヶ月分の猶予期間が得られた。税関申告書にはもっと短い期間を書いてしまったが、VISAが正解なので、2014/4末まで滞在できる。

ようやくExitから出ると、KGICの学校からの迎えの女性が来ていた。
挨拶後すこし待ってもらって、Cirrus対応のMoney-TでATMでお金をおろそうとすると、上限が決まっていてあまり落とせない。とりあえず直近で必要程度を落とす。$20札しか出てこないのが不思議。KGICの最初の日に$10必要なので用意する必要あり。

迎えの方(韓国人)と話ながら、30分程度でStudent Houseに到着。えらく寒い。迎えの人とはここでお別れ。あとは、Student HouseのSupervisor(管理人?)のおじさんに決まりをいろいろ聞く。二階は一般のホテルで、三階が寮になっている。部屋はダブルだが、シングルで契約しているので、ベッドがひとつあまる。とりあえず、スーツケース置き場にしてしまう。

部屋が偉い寒いが、ヒーターがゆーっくり効いてきてくる。

そのまえに、近くにスーパーマーケットに行って、飲み物、パン、トイレットペーパー、お菓子を購入。
KGICのビルにも行って入り口を確認。日曜日なので静かなもの。目の前にTD Canada Trustがあるのが便利そう。

韓国系の飲食店がちらほら。日本食系は見かけない。どこかにあるかも。

寒いかもしれないので、念のためブランケットを余分に一つもらう。
しかし、部屋が結構暖かくなっていたので、そのブランケットは使わず、ねむけを抑えられなくなって寝てしまう。
起きると6時間ぐらいたっていて午後9時。バスタブはあるが、なぜか栓がないので、シャワーをあびる。

明日のKGIC初日の準備とそのあとの各種手続に必要な資料の確認と、情報のEvernoteへの転送を行った。

明日も忙しそう。

コメント

    1. ちゃりんこは日本製でしょ、と思ったのと、帰国後の防犯登録の手間を考えて、持ってきました。でも、いまのところ、Surreyは雪積もっているので、乗れません。。(; ;)
      ダウンタウンは積もってなかったので、南にあっても内陸のSurreyの方が雪が多いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です